売上げを挙げる。これが人を一番元気にする。by 年収1億円思考

FP(ファイナンシャルプランナー)界のカリスマ 江上治氏の著書

私と同じ業界の大先輩である。どんな思考で仕事をしているのかを

知りたくてこの本を読んだ次第です。

第一章 「稼ぐ人間には共通項がある。稼げない人間にも、また共通項がある。」

稼げない人の共通項

●「好きなこと」「やりたいこと」が自分には出来ると誤解している。

●目先のことだけに振り回されている。

●思い込みだけで行動し、人の言うことに耳を貸す度量がない。

●時間もお金も数値 数値で判断しないから現実の判断が大甘になる。

●生きたお金の使い方をしない。

第二章 「強み」は得意分野ではない

稼ぐ人の成功七か条

●あれが欲しいという欲のエネルギーを最大限に膨らませろ

●ささいなこともしっかり観察。必ず現実処理の法則が導き出される。

●親に感謝 礼儀 長幼の序を守れ これが世の真理であり愛される究極の秘訣

 (長幼の序を守るとは 子供は大人を敬い、大人は子供を慈しむというあり方)

●ピンチはチャンス じっと耐えればピンチは遠ざかる

●人との出会いはチャンス 愚直に素直に人に学べ

●環境の選択を間違えるな 稼げない環境に身を置くと 稼ぐ人間にはなれない。

●特に「妻」「夫」という環境の選び方を間違えてはならない。自分と性格が逆が良い

第三章 稼げない人にも救いがある

とてつもなく稼いでいる人の考え方や人生態度に触れ、そこから学ぶ

●なぜその事業をするのか胸を張って説明できるか。考えなさい

●遊びで浪費はいいが、仕事では1円たりとも無駄金は使ってはいけない。

●若い時は無理してでも一流のゴルフ場の会員になり、一流のホテルに泊まる。自己投資にお金を惜しまない。

●言葉だけでは信用されない。行動で示しなさい。

●家族・先輩には心をつくして接する。心からのアドバイスをくれる人だから。

●性格にあったビジネスモデルがが一番強い

第四章 自分を売れ

●プラスのアウトプット能力を高める 明るいバラ色の明日をイメージして貰えるように

●仕事は得意分野に特化

●人のネットワークを広く 口を堅く 信頼され続けること

●恩は石に刻め

●人としての誠実さとビジネス上の誠実さは違う。稼ぐために人間としての誠実さは求められるが、事業家としての誠実さは、稼いだ後で表現するしかない。

第五章 つきぬけて稼ぐには 自分の分身の稼ぐ部下を育てる

第六章 自己分析をしっかり 捨てる 特化する 教えを乞う 

第七章 自信がない奴は嫌われる

●嫌われるやつは稼げない

●すぐ「ごめんさない」が言えるやつは嫌われない


逃げない 素直 相手の話を聞く 自分磨き 勉強 

どの仕事でも 共通することだと 再確認

素直でない 自分でありたい。そう思わせてくれる本です。

是非一度 読んでみてはいかがでしょうか?

てづひさ通心1969

1969年生まれ 男 「故きを温ねて新しきを知る」なんて大袈裟なことは考えてません。 ただ昔を振り返ることが最近増えて増えて。 脳みそが腐ってしまわないように 身体が動かなくならないように 毎日 刺激を受けて 頑張ります!

0コメント

  • 1000 / 1000