営業マンの仕事は人に会うこと。by 営業で一番大切なこと 小林一光

保険業界で営業力が最も高いとされる

プルデンシャル生命保険の中でトップセールスマンだった小林一光さん。

この本を読んだのは、プルデンシャル生命保険で輝かしい成果を上げた

秘訣を知りたかったという理由でした。

私と同じ学生時代 ラグビー部(名門早稲田大学のラグビー部出身)だったという点も

興味がありました。


苦労知らずで、営業のテクニックが書いてあると思っていた私を驚かせたのは、

輝かしい実績からは信じられない苦労の時期があったことが書いてありました。


そこから何が変わったのか。

どんなマーケットを開拓したのかが書いてあると思っていた私。


読み進めると、考え方が変わったことがわかりました。


セールスとは人と会うこと。


奥さまと歩いた時に ぽつりで奥さまが呟いた。

「歩いている人全員に名刺を配ったらいいのに」

これがヒントに、たくさんの人に会うということに焦点をあてたと。


私だったら奥さんとその場で喧嘩になってしまっていたはずです。


人と会う そこからがスタート 営業の流れを教えてくれる本です。


営業で苦しんでいるなら、一度是非読んでみて下さい。

少し 気持ちが楽になり、やることが明確にかわるはずです。



営業で一番大切なこと 小林一光 おすすめです



てづひさ通心1969

1969年生まれ 男 「故きを温ねて新しきを知る」なんて大袈裟なことは考えてません。 ただ昔を振り返ることが最近増えて増えて。 脳みそが腐ってしまわないように 身体が動かなくならないように 毎日 刺激を受けて 頑張ります!

0コメント

  • 1000 / 1000